洋画

『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』感想 エンドゲーム後の世界

スポンサーリンク

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ3の最後を締めくくる、スパイダーマン単独作の2作目が6/28に公開されました。

昨日観に行ってきましたので、とりとめもないネタバレ感想。

内容紹介

若手俳優のトム・ホランドが新たにスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じ、「アベンジャーズ」を中心とした「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界に参戦した「スパイダーマン ホームカミング」の続編。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカーが真のヒーローへと成長していく姿を描く。夏休みに学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターの前に、元「S.H.I.E.L.D.」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリーが現れる。一方、ヨーロッパの各都市をはじめ世界各国には、炎や水など自然の力を操るクリーチャーが出現。世界に危機が迫るなか、ニックは「別の世界」からやってきたという男ベックをピーターに引き合わせる。監督は、前作に続いてジョン・ワッツが務めた。ベック役に「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。

映画.com

スタッフ

監督:ジョン・ワッツ
製作:ケビン・ファイギエイミー・パスカル
製作総指揮:ルイス・デスポジートビクトリア・アロンソトーマス・M・ハメルエリック・ハウサーマン・キャロルレイチェル・オコナースタン・リーアビ・アラドマット・トルマック
原作:スタン・リースティーブ・ディッコ
脚本:クリス・マッケーナエリック・ソマーズ

キャスト

トム・ホランド
サミュエル・L・ジャクソン
ゼンデイヤ
コビー・スマルダース
ジョン・ファブロー
J・B・スムーブ
ジェイコブ・バタロン
マーティン・スター
マリサ・トメイ
ジェイク・ギレンホール

感想

※ネタバレあり

『アベンジャーズ』のエンドゲームで、世界のファンを強烈なカタルシスに包んだ後、最初の公開作品がこのスパイダーマン新作。

予告を観てはわくわくし、ジェイク・ギレンホールのカッコよさにニヤけ、更に公開初日からのTwitterのタイムラインは絶賛にあふれ、とても期待しながら観に行きました。

期待を裏切らない!!!
最高に面白かったですありがとう!!
これをエンドゲームのすぐ後に公開してくれてありがとう!!
これを観なければ終わらない!!

私はホームカミングよりも今作の方が好きです。面白い。

冒頭の追悼が、なにこの変にベタに泣かせにかかってきてるやつ、と思ったら、高校生編集映像だった件(笑)

でもあれを観て、ああ本当に彼らはいなくなってしまったんだと実感しましたよ。
私ゆるいファンなので、なんだかんだエンドゲーム1回しか観に行かなかったのです。
もう本当にいないんだな…みんなのヒーロー…。

と、センチメンタルな気分に浸る隙もほぼ与えず、すぐ明るいスパイダーマンの世界へ。

今回は色恋がばっちり絡みます!!

高校生の恋愛!!!!
めちゃめちゃかわいい!!!!

キュートでピュアですごくニヤニヤします。

アメリカの高校生の恋愛なんてね??すごくませてるイメージじゃないですか??日本もそうかもしれませんが!!!

なのにこの!!!ピーターとMJの恋のかわいらしさ!!!

もうおばちゃんメロメロですよ。

恋愛模様も良いし、ネッドとの友情模様も相変わらず良いし。ポジティブなキラキラっぷりも素敵だけど、学校生活での高校生らしい屈折とか嫉妬とか虚栄心とか。
青春劇としてまず最高

今も変わらぬトム・ホランドのキュートさと、何故かいつまでも保たれるフレッシュさが、この青春劇の素晴らしさを掻き立てます。

いつまでもこの可愛い子を見守っていたくなりますよね…。

あのクライマックスあたりでの涙目ももうほんと。目が真っ赤で、あの表情も、演技上手いなあ、と思いながら、「頼むからピーターを傷つけないで…」となります。

あとゼンデイヤちゃん最高ありがとう。
あの素っ気なさと不器用さがたまらない。可愛い。

さて今回の大物、ジェイク・ギレンホール

ずーっとネット上で悪役だと疑われていてウケました。
私も疑ってた。だってジェイク・ギレンホールだもの。

そして案の定。
期待を裏切らないジェイク。

予告で期待していた通りのカッコよさと、ジェイク・ギレンホールという役者に期待する悪役っぷりが一気に堪能出来て、とても得した感覚です。

やっぱりね、ジェイクはこうじゃないとね…!

と思って観ていた後半。
本当に世間の期待を裏切りませんな!!

かっこいい頼れる大人感を出しまくる素敵さと、正体が明らかになってからのゲスっぷり。
素敵です!!

しかし!!!
オマケ映像第1弾!!!

あの展開は許しがたい…。
あの可愛くてピュアなピーターを突き落とさないで!!!ほっといてあげて!!!

もう大多数の人が親のような気持ちでピーターを見ていると思います。私もです。

しかし今回の全体の物語でもある、いわば「フェイク映像」
あのオマケ映像も、あれを観て世間はあっさりベックのことを信じ、スパイダーマンを悪扱いするのだろうし、「巧妙な作られた映像の怖さ」を急にあのオマケ映像で実感して、正直かなりゾッとしました。

スパイダーマンには皆も助けられてきたのに、あのベックの映像を見て、どれだけの人が手のひら返しをするのだろう。

人は見たものしか信じない、もしくは見たものならあっさり信じる。
それが虚構かどうかの判断はどうなってる??

今回はまず、前作から引き続く青春ものとしての側面に加え、ピーターの成長ものとしての要素が大きかったです。

なんせエンドゲームでヒーローたち、ピーターにとってはとりわけ「トニー・スターク」を喪ったあとの世界。

トニーのいない世界で、ピーターはスパイダーマンとしてどう生きるのか。

トニーという尊敬する人の死を乗り越え、「親愛なる隣人」だったスパイダーマンが、「真のヒーロー」へと成長していく。これから偉大になるだろうと思わせる、そんな青年の物語。

そういえばホームカミングとかアベンジャーズではあまり感じなかった、ピーター・パーカーの賢さ。頭の良さ知能の高さが今回はさりげなく、でもバッチリ描かれていて、そこもとても良かった。

ところで、ハッピーの存在がすごく嬉しいですね!!!

あと映像がすごい!!今回は「映像」は物語のキーでもあるし、アクションも良いし、かなり見入ってしまいました。

映像の怖さ。
映画でこれをやるのかー。
言っちゃえば映画自体が「フェイク映像」ですからね。

でも本当にあの落とし方はぞっとした。

今のこの世界、虚構と真実を見分ける力を養わないといけないな、と切に思いました…。

次にスパイダーマンが登場した時、一体彼は世間からどういう扱いを受けているのか。
観るのが怖い気もするけど、それでも観るのが待ち遠しいです。

はやく観たい!!!

スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット/Blu-ray Disc/BRBO-81167posted with カエレバ
楽天市場で購入
Amazonで購入

アメイジング・スパイダーマンTM/アメイジング・スパイダーマン2TM/Blu-ray Disc/BPBH-00939posted with カエレバ
楽天市場で購入
Amazonで購入

スパイダーマンTM/DVD/OPLA-32161posted with カエレバ
楽天市場で購入
Amazonで購入

スポンサーリンク
ABOUT ME
こまこ
ミュージカルや映画や小説を心の糧に生きてる20代女です。熱くなる作品と出会えた時が幸せ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です