グルメ

滋賀県大津市の名物を知ってる?来たら絶対食べるべき!三井寺力餅

スポンサーリンク

こんにちは、滋賀県出身のこまこです。

滋賀県の名物(食べ物)と言えば、皆さん何を思い浮かべますか?
私は、近江牛。あとクラブハリエのバームクーヘン。鮒ずし。赤こんにゃくとかでしょうか(笑)
試しにググってみると、ちゃんぽんとかのっぺいうどんとか出てきますね。知らなかった…。

さて、ここでは、「もしかしてほぼ地元民しか知らないのでは?」と思う、イチオシの滋賀県、いや、大津市名物のお菓子を紹介します。

三井寺力餅

公式サイト

「三井寺力餅」は、一言でいうと、「きなこもち」です。

何故あまり知られていないのかというと、おそらく、日持ちがしないからです。
当日、翌日中には食べないといけません。
ですので、遠方への持ち帰りのお土産、旅行で人にあげるお土産にも不向きだし、通販もありません
買ってすぐに食べるべし。

本店は、浜大津にあります。
店内には喫茶コーナーがありますので、お茶と一緒にいただくことも出来ます。

販売店
  •  名神草津PA上り線 下り線
  •  琵琶湖ホテル売店
  •  大津プリンスホテル売店
  •  三井寺風月堂売店
  •  名神大津SA下り線
  •  湖の駅
  •  浜大津本店

買えるところが本当に限られてるんですよね。
でもこれだけのためにわざわざ買いに行くレベルで、大好きなお菓子です。

力餅ってこんなの

「大津名物」と書かれています。
本日6/26購入、消費期限は明日の6/27です。
固くなってしまうので、常温保存で。
「召し上がり方」の説明付き。
この通り、きなこが物凄い量かかってます。
きなこはあふれるくらいかかってますので、包装紙を開ける前に何か敷いた方が良いです。
(敷くの忘れて机にもこぼれまくってる図)
これは6本×2段の、12本入り。

緑がかったきなこがたっぷり。
お団子のように棒に刺さった、ものすごーく柔らかいお餅とマッチして、最高に美味しいのです。

このお餅の柔らかさと、きなこの程よい甘さがくせになります。

余ったきなこは独自に使いましょう。私は普通の市販の餅をつかって、また普通のきな粉餅として食べるのも好きです。

まとめ

滋賀県に観光に来る方も(たまには)いると思うので、ぜひ、この力餅を一度買って食べてみてください。

確実に、やみつきになります。

スポンサーリンク
ABOUT ME
こまこ
ミュージカルや映画や小説を心の糧に生きてる20代女です。熱くなる作品と出会えた時が幸せ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です